05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-09-13 (Sat)
今回は、とても長い記事になってしまったので、追記形式をとっています。
なので、とても長くても読んでくださる方だけ~続きを読む~をクリックお願いします。

くりに4回目のヒートがやってきていた1か月(8/12~9/13)。←前回から約8ヶ月でした。
いろんな事がありました!!!!!!
妹ノンがA県から職場の夏休みをいただいて1週間帰ってきたり…(4月より我が家からA県へ仕事の都合で引っ越しをしたのでした。)
くりは、ちゃんと覚えていて大歓迎をしたのち、しつこい姉ちゃんだったと30分もたたないうちに思い出し、帰るまで捕まりたくないときは椅子のしたに避難していたのでした(* v v)。


そして、タイトルの「涙、ポロリ。。。」は起こったのです(|||_|||)ガビーン
それは、くりちゃんの大切な大切な歯が割れてしまっていたのです。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。
最初に気がついたのは、歯ブラシをしていた時。。。
なんか口臭がいつもより臭い(?_?)よくみると 歯が黒い?虫歯?(゜ロ゜;)エェッ!?
∪・ω・∪って虫歯にならないんじゃ・・・なんて考えてみるけど・・・
2、3日経過を観察してみたけれど、やっぱりどう見ても虫歯だよなぁ~(このころになると黒いのではなく縦に溝があるのがわかり、人と同じ用に奥に割れ目があるのが分かる。)
これは、獣医さんに連れていかなければ。。。
妹ノンが帰ってきてから8/20に獣医さんへgo!

Dr.     「ワンちゃんは、虫歯にはならないんですよ~。」
ひろひろ  (先生!それは本にも書いてあったりするので知っていますって)
       「でも~でも~変なんです。ここです。ここ!!!」

見てもらうと・・・

Dr.     「(; ̄ー ̄  確かに虫歯があ、ありますねぇ~」
なんてやり取りをしながら、さらに説明をしていただく。
Dr.     「ワンちゃんの場合、人と違って詰め物をしたりできなんですよねぇ~
        なので、抜歯をすることになります。」
       「もちろん、口を大きく開けて~そのまま。。。ってことはできないので
        全身麻酔をかけて行います。」
(今、こうして記事を書きながらやり取りを振り返ると先生!かなりお茶目な一面が。。。)

その後、相談して8/30に抜歯をしてもらうことに決定しました。

そして、妹ノンはA県へ戻って行ったあとの8/30!抜歯当日となりました。

この日は、朝ごはんは食べないで連れていくという約束だったので、
「アタチのごはん!!!忘れてるって!!!」というイライラくりを散歩に連れ出し気を紛らわし。。。
kazukoママと連れて行きました。

くりちゃん、生まれて初めての血液検査をしました。
まず、くりをkazukoママと二人で補ていをし、(ひろひろが体~首、kazukoママが頭および顔)左手のところに針を刺しました。とても上手な先生なので何をされているか不思議そうな顔をしていたくりです。
ここから血液を取り、予備麻酔をします。つまり、これなら痛い思いは1度で済みます。
結果は、待つこと5分!(思っていたよりすぐ出てきました。)結果は、問題なし!
これで麻酔がかけられます。

Dr.     「これから予備麻酔をかけるのですが、(白い液体の注射器を見せながら)
        これがなくなるころには全身が脱力してしまうのでびっくりしないでくださいね。
        どのワンちゃんもそうなりますので、しっかり支えてあげていてくださいね。」

と言われてから、予備麻酔がくりの体の中に入って行きました。
そして、半分ぐらいのところで後ろ脚から力が抜けてしまってガクガクしてきました。
全部入れてしまうと完全に首まで力が抜けてしまってぬいぐるみのような感じになりました。

Dr.     「これから抜歯をする間は本麻酔を吸引させて処置を行いますので、
        処置が終わったら連絡しますね。お迎えは、15:30ということでお願いします。」
と言われ、くりを先生に預けて気を紛らわすために考えていたお買いものをすること3か所。
3か所目に入ったところで約1時間経過。。。そうしたら、連絡が来た\(◎o◎)/!

無事に終了し、すでに覚醒してきていてフニャフニャしているとのこと。元気ですよ(≡ ̄ー ̄≡)とのこと。。。安心したら、あっという間に時間がたった。

15:30Justにお迎えに!
(覚醒後の経過を確認してからお迎えに来てほしいということでこの時間でした。)
車を止めた時、診察室から先生がちょうど前のクライアントさんが終わり
診察台を拭き拭きしているのが見えた。kazukoママは先生がこっちをちょうど見たよ。と言っていた。

病院に入ると先生がくりを小脇に抱えでできて「この通り、元気ですよ。」と一言。
きっと、くりは何が起こったのかわからなかったんだろうな。ぽかんとした顔だったし☆

次の一言は、「小石を噛んだりしませんでしたか~?」
なぜ~???と思ったら…
虫歯というより、歯が割れていてそこにご飯がつまり虫歯になった感じだった。
ということを説明されました。(う~ん、お留守番してる時なんかだとなにしてるか不明だからなぁ~)
そのほかにDr.は次のような話をしてくれました。
健康な歯を抜くということなので避妊手術と同じくらい時間はかかったが、根までは達していなく、初期の状態だったのできれいに処置出来た。
ご飯は、今日の夜まずお水を飲んでもらった後にペースト状態にしたものを出してあげてください。
2、3日は少なめで同じ状態のものをあげてくださいとのこと。
そして、傷ができたのは間違いないので腫れるかもしれない。様子を見るようにということでした。

麻酔をかけてもらったことをいいことに伸ばし放題になっていた爪を止血剤を塗ってもらうということで短く切ってもらいました。今までのくりよりはかなり短くなった感じがあります。
これからは、足音が今までみたいに大きな音ではないので気を付けます!

お家に帰ってきて、いつもよりぼーっとしているくり↓

このときは気がつかなかったけれど、この時点ですでに腫れてましたね(;´Д`A ```2008083002.jpg

この日の夜は、お水を飲もうとしてしみたらしく、複雑な顔をして凍っていましたが、食欲は旺盛でしっかり完食☆少なめだったので、まだ、足りん!!!もっと!!!という顔をしていましたが…ご飯後、急にに腫れてきて保冷剤をタオルにくるみ冷やしてあげました。
結局、ネコみたいな声でうめいている感じだったんで、保冷剤を交換しつつ3:00まで起きてた。。。
くりも疲れが出ているものの、痛みがあるらしくウトウトしか出来なくて、3:00頃やっと深い眠りに入ったのが確認できたんだぁ~。

翌日になっても腫れは引かず、人が抜歯をすると化膿止めと痛み止めくれるけど・・・
ワンコはそういうのないよね。って心配になって獣医さんに電話。でも、様子をもう少し見るってことに。

2、3日したら大きな腫れはなくなったので安心。
ご飯を購入しているところで事の顛末を全部話したら(shopが夏休み中で1か月ぶりにご飯を買いに行ったんです。)、ワンコは歯が割れることって多々あるんだって。下の歯は割れた歯だけでOKだけど、上の歯の場合は割れた歯だけではなく反対側の歯も抜歯したほうがいいそうです。片方しか抜歯しないと鼻腔空間が抜歯した側だけ広がってしまい、左右のバランスが崩れあとあとよくないんだそうです。そして、化膿止めの話をした時に抜歯した後に抗生物質を埋め込んで縫合してくれるから必要ないんだと教えてくれました。そうだったんだ!って安心しました。

現在のくりは、幾分腫れている感じはしますが。。。
とっても元気いっぱいですv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
ヒートも終わり、ヒート中に落ちてしまった持久力をつけるため、いつもの公園に通わなくてはと思ってていますv(=∩_∩=) ブイブイ!!
お時間がある方は、ぜひ遊んでください☆お声をおかけくださいませ。どうぞ、よろしく~
| 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。